Atom v1.19.0 の IME 問題とダウングレード方法

2017年8月9日 0 開発

Atom v1.19.0 の更新があったので反映したら、IME 入力がおかしい。例えば「にほんご」と入力した場合、変換中は一文字目だけしか表示されず、順に「に」、「ほ」、「ん」、「ご」と切り替わってゆく。変換前の文字がひとつしか見えないので、まともに入力できない状態。あまりに致命的な問題なので issue があるだろうと探したら以下をみつけた (ついでにコメントしておいた)。

beta2 で見つかっていた問題だが、残念ながら安定版でも再現する。コメントを読むと影響があるようならダウングレードしてほしいとのこと。Atom の標準機能としてはダウングレードを提供していないので手動実行する必要あり。手順は以下。

  1. Atom が起動しているなら終了しておく
  2. Web ブラウザーでダウングレードしたい旧バージョンのリリースページにアクセスする
    • リリースされたバージョンは Releases に一覧あり
    • 例えば Release 1.18.0 にアクセスする
  3. リリース用イメージを入手する
    • Windows は AtomSetup.exe
    • macOS は atom-mac.zip
  4. 旧バージョンをインストールする
    • Windows は AtomSetup.exe を実行
    • macOS は atom-mac.zip を展開した中身の Atom.app をアプリケーション フォルダーに上書き
  5. Atom を起動してバージョンを確認

この手順で v1.18.0 にダウングレードして IME 問題が再現しないことを確認できた。

ダウングレードにおける懸念としてプラグインの互換性がある。例えばプラグインが最新の Atom に依存している場合、ダウングレードによって不具合を生じるかもしれない。今回のように minor レベルの更新なら大丈夫そうだけど、major の場合は要注意である。

安定版とはいえ致命的なデグレードが発生することは今後もありえるだろうから、今回の件はダウングレード手順を調べるよい契機だと考ることにした。

  • 2017/8/15: Atom v1.19.1 にて本記事の問題が修正されていることを確認

REPLY

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です