iPhone 6s 購入

2015年10月1日 0 ガジェット ,

先日 iPhone 5s から 6s に乗り換えたので感想を書いておく。

乗り換えの動機

au で契約していた iPhone 5s が 2 年縛り終了を迎え MNP の好機と判断したため。MVNO は面倒そうなので却下。MNP できる MVNO もあるらしいが私は携帯事情に疎くトラブルが怖いので割高でも 3 大キャリアを選ぶことにしている。移行先は docomo。

5s の前は Xperia からの移行だった。最近の Android 端末は完成度が高く、特に Nexus 系なら OS のアップデートも提供されるため出戻りも考えた。しかし自宅 PC と周辺機器は Apple のエコ システムに統一されつつありその一角を崩すのも面倒だなぁ、ということで iPhone 続投。

すっかり Apple に囲い込まている。ちなみに新しい Apple TV も購入予定だ。あと Apple Music の試用解約を忘れて ¥980 課金された ( こちらは想定外 )。

参考サイト

私はエンジニアだが、前述のように携帯事情に疎くて苦手意識がある。はいはい、とチェックしてゆくだけの規約、わかりにくいプラン説明。これらに触れていると非常に疲れる。オンライン予約は幾分マシだが、それでも手続きが予約、購入、開通と分断されるため厄介なことには変わりない。

そのため手続き自体の手順書みたいな資料があればなぁ、とググったら以下の記事をみつけた。

画像点数が多くてわかりやすい。今回はこの記事を参考にしたおかげで、ほとんど迷うことなく開通までこぎつけた。

予約

iPhone 5s ゴールドを購入した時は au のオンライン予約を利用したのだが、受け取りを店舗にしたことにより不要なサービスを契約するなどの失敗があった。この反省を踏まえ、今回はすべてオンライン上で済ますことにした。

2015/9/12 16:00 からドコモ オンラインショップの予約が開始された。土曜日だったので即時予約するつもりだったがサイトが重くてなかなか繋がらず、なんども再試行してようやく成功。

商品は iPhone 6s シルバー 64GB を選択。シルバーにしたのは 6 系の背面にある線が目立ちにくそうなため。これとカメラの出っ張りはかっこわるい。6s で対処されることを期待していたけど残念ながらそのままだった。

購入

2015/9/23 に商品入荷メールがきたので購入手続きにはいる。

まずは MNP。これは au のコールセンターで。解約理由について質問されたから「2 年縛りがきれたので。また 2 年後に戻ってくると思います」と回答。いまこういう感じのやりとりが全国のそこかしこで実施されているのだろうなぁと想像しながら手続き完了。MNP 予約番号が払い出される。

参考記事を読みながら購入手続き。プラン「カケホーダイ」、パケット「データMパック(5GB)」、「spモード 324円/月」を選択。本人確認用の書類は iPhone 5s で運転免許を撮影し、その画像をアップロードした。

支払い方法は銀行引き落とし。口座番号を入れると認証サイトに遷移して、もろもろ許諾。これにて購入手続き終了。

配送と開通

iPhone 6s の発売日は 2015/9/26 とのこと。しかし当日になっても配送の連絡はなく、ヤキモキする。その後 9/28 にメールがきて 9/29 に届くとあった。配送時間を 20:00 〜 に指定したので発売日から遅れたのかもしれない。

9/29 20:20 頃に商品到着。配達は日本郵政だった。では早速開通!と意気込んだけれど、この手続は 9:00 〜 20:00 の間しか行えないとのこと。

仕方ないので iPhone 5s のデータを iTunes にバックアップして 6s 側へ復元してみた。いくつかのアプリを起動してみて引き継ぎが成功していることを確認。あまりに簡単で拍子抜けする。

ホーム画面のレイアウトもそのままで移行した感じがしない。ただし Touch ID は引き継がれなかった。ハードウェアも絡むためだろうか?

Apple Watch は再ペアリングが必要。これは Watch 側の設定からリセットを選び iPhone 6s 側からペアリングすることになる。リセットは面倒。この作業は総じて 10 分ぐらいかかる。ペアリング時、Watch のホーム画面にモリモリとアプリが追加されてゆくのを見るのは気持ちがいい。

9/30、会社の昼休みに iPhone 5s から開通手続きを実施。これから解約する端末で作業するという行為に寂寥感をおぼえる。

しかしいくら待っても 6s のキャリア表示は圏外のまま。もしかして SIM の挿し方がダメなのかな、と思ったが iPhone を再起動したら docomo の文字が見えて安堵。ようやく使えるようになった。ありがとう 5s こんにちは 6s。

iPhone 6s の使用感

数日、使ってみて気になった点を列挙する。iOS 9 自体の感想も混じっている。

  • デカイ
    • 5s からの移行なので、端末がとても大きく感じる
    • 4 インチのモデルも残したほうがよかったのでは?
    • とはいえ電車で手の小さな人が 6/6s Plus を器用に操作性しているのも見るし、慣れの問題か
    • 画面サイズがいくつもあるのは、それはそれで購入を迷わせる要因だから今の方針も悪くないのかも
  • 3D Touch に対応しているアプリがわからない
    • ホーム画面のアプリを Apple Watch のように押し込んでタッチする ( 3D Touch ) でショートカット メニューを表示する機能がある
    • これに対応しているアプリは 3D Touch してみないとわからない
    • 押し込み始めた時点で画面上の対応アプリすべてにマークを表示するなど、操作前に外観から判別する仕組みがほしい
    • 押し込みから確定まで体感 1 秒ぐらいあるため、未対応アプリに対して 3D Touch して空振りすると虚しくなる
  • Touch ID の反応が高速
    • 5s にあった、ひと呼吸ぐらいのラグがなくなってる
    • 5s の反応に慣れてたので、はじめはボタン押下でスリープ解いてから指の位置を調整していたのでよくエラーになった
    • 6s に慣れると 5s の反応は遅すぎる
  • サクサク動作
    • 5s からの移行なので、あらゆる動作がサクサクに感じる
    • 特に画面切り替え
    • 2 年後にはその時点の iOS を重く感じるだろうか、などと考える
  • 文字入力のフリーカーソルすばらしい
    • Android から移行してきたときの大きな不満が解決
    • 虫眼鏡で拡大してスワイプなんて、もうやりたくない
    • タッチパネルの世界にカーソルの概念が持ち込まれた ( 大げさ? )
    • キーボード部分を長押しでトラックパッド的に利用する、という操作体系には可能性を感じる
    • Android の Goolge 日本語入力でもタッチ位置より少し上にパレットが表示されており、対象を指で覆わず選できて便利だった
    • タッチ位置と移動対象の位置は必ずしも一致していなくてよい
  • 写真アプリの新しい複数選択ありがたい
    • 写真アプリで右上の「選択」をタップした後に写真をなぞってゆくと、それらの選択状態がまとめて切り替わる機能
    • 不要な写真をまとめて操作 ( 共有とか削除 ) するのに便利
    • PC でいうと Explorer や Finder で Shift キーを押しながら選択範囲を拡縮するみたいにトグル形式で切り替わる
    • たまってた不要な写真を整理するのに役立った
  • 背面の線とカメラの出っ張り
    • 裸族運用するつもりだけど出っ張りのせいでケースがほしくなる
    • iPhone 6 が登場したときに出っ張り批判していた人たちの気持ちを理解できた

全体的に順当なアップグレードという感じで大きな変化は感じない。手堅い印象。毎回 s 系を選んでいるのだから当たり前か。

Apple Watch

2015年4月26日 0 ガジェット ,

Apple Watch を入手したので感想を。

予約から入手まで

Apple Watch の予約は 2015/4/10 16:00 開始となっていた。この時刻ちょうどに注文する予定だったが、業務に没頭してすっかり忘れていた。

結果、帰宅してから思い出して 20:00 あたりに注文。自動返信メールには、お届け予定日が 2015/5/10 – 2015/5/21 と記載されていた。発売日となる 4/24 には間に合わないけど、初回出荷は数も少ないだろうし仕方ないと受け入れた。

しかし 4/23、唐突に出荷を知らせるメールがきた。お届け予定日は 2015/4/24 となっている。もしかして予約キャンセルが相次いだ?とか、品薄感を演出して入手の価値を増幅する作戦?などと邪推したものの、発売日に届くなら素直に喜んだほうがよいだろう。

そして当日、予告通り Apple Watch が届いた。

購入したモデルは Apple Watch 38mm ステンレススチールケースとミラネーゼループ。Apple Watch Sport にするか迷ったが、アルミは汗で腐食すると聞いたことがあったのでステンレスを採用している Apple Watch を選んだ。

操作性

説明書をまったく読まずに利用するのは難しいと感じた。

iOS 機器であれば、画面内の指示やアニメーションによって操作方法を伝えやすかった。しかし Apple Watch は画面が小さすぎるため情報量が少なく、こうした演出もないため、どのような操作が行えるのか理解しにくい。

特にスワイプが分かりにくい。時計の下からスワイプして他の画面を呼び出したとき、逆スワイプで時計へ戻れることに気づかず、はじめはデジタルクラウンを押していた。

Apple Watch 関連のお知らせメールでパーソナルセットアップというビデオセッションを提供しているようだが「予約」が必要なのでやめた。メールのリンク先に飛ぶと予約画面が表示される。いかにも面倒そうだ。

慣れてくると、時計が iOS でいうホーム画面で、上に通知、下に各種ユーティリティが横並びという構成が合理的に感じられる。これらの基本機能だけ利用するのであれば、デジタルクラウンなどのハードウェア ボタンを操作しなくて済む。

他に感心したところでは、時計の動きで画面が点灯する機能。

ふつうの腕時計でも時刻を確認する時に腕を持ち上げるけれど、Apple Watch ではこの操作で画面が点灯する。

はじめ画面点灯はタッチやボタン操作でしかおこなえないと勘違いしていた。また、無操作だと画面がすぐに消えるため、とても不便に感じられた。

しかしこの機能があれば気軽に点灯できるため、こうした不満は解消された。また、見たい時だけ点灯すればよいという設計は消費電力の観点からも好ましい。時計は常に盤面を表示するもの、という固定観念をよい意味で裏切られた。

とはいえ、時計には盤面も含めた美術的な価値もあるので、将来、高機能なバッテリーを搭載するようになったら常時点灯するのかもしれないが。現在のオンデマンドな点灯は意図的なのか、それともバッテリーを考慮した苦肉の策なのかは興味ある。

ミラネーゼループ

デザインとマグネットによる無断階のサイズ調整が気になり、ベルトはミラネーゼループにした。

質感は非常によい。想像していたより目が細かくて品がある。38mm モデルの幅なら女性にも合いそうと思ったけど、そういえば女性の腕時計で金属ベルトを見たことがない。大抵、細身の革ベルトだ。これには理由があるのだろうか、私の観測範囲が狭いだけなのだろうか。

マグネットは当初、イマイチに感じられた。充電器もマグネットなので、両方がベルト部分に吸着しようとして充電時にこんがらがる。

対策として、ベルトを最大に緩めた状態で充電するようにした。ベルトの輪に余裕をもたせ、充電器のマグネットを時計の横から滑らせるように近づければスムーズに吸着してくれる。

マグネットによる無断階サイズ調整は想像よりはるかに便利。腕につけた状態でマグネット部分をずらすだけなので、気軽に調整できる。穴やコマより微細にいじれるため、ひとつのサイズに慣れるのではなく、気分によって変更するように運用してる。

iPhone 連携

Apple Watch の目玉機能として iPhone 連携がある。対応アプリだと Apple Watch 側から操作できたりするのだが、今回は Runtastic を試してみた。

ここ数年、健康のために帰宅時に二駅、土日は河川敷を 8 〜 10km ほど歩くことにしている。その際、張り合いがほしいので Runtastic というアプリでログを取ってる。

Runtastic PRO GPS App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス 価格: ¥600

Apple Watch にはアクティビティという運動量を測定するアプリがバンドルされているのだが、これまで蓄積したログが惜しいので、Runtastic と併用する予定。

そして使用感だが、Apple Watch 側で Runtastic を起動し、アクティビティ ( 標準アプリと紛らわしいのだが、運動計測をこう呼ぶ ) を実行すると iPhone 側の Runtastic で計測が開始される。終了も Apple Watch 側からおこなえる。

要するにリモコンなのだが、何がよいかって、iPhone を取り出さなくて済むので楽。平日の帰宅時におこなっている計測だと、地下鉄から地上にでる階段の途中で iPhone をバッグから取り出し、出口で Runtastic のアクティビティを実行してからバッグに戻すという煩わしい動作をおこなっていた。

そもそも階段で移動しながらスマートフォンをいじることは非常に危険だし、よくないなぁとは思っている。

しかし出口や道路脇で立ち止まって操作すると通路を塞ぐことになり、それはそれで迷惑だとか、いや、それでも階段で転倒したときの影響を想定するならそうすべきだろう、自分だけの問題ではないぞ、というような考えが堂々めぐりして、結果、思考停止して現在に至る。書き出してみたら一層、ダメ人間まるだしで恥ずかしくなってきた。

これからは Apple Watch で操作するのだから、こうした悩みとオサラバできる。毎日の小さなストレスが解消されるのだ。ありがたい。

3 日ほど Apple Watch を利用してみた感想を書いてみた。これからも気になることがあれば継続して記事にする。あと、Apple Watch 関連の開発を業務でおこなうかもしれないから、何かサンプルを作ってみたい。

AirMac Time Capsule – 2TB

2014年6月10日 0 ガジェット , ,

AirMac Time Capsule – 2TB を購入した。

先月末 OS X のネットワーク接続が遅い問題に遭遇したのだが、これをきっかけにルーターを替えてみようと思った。問題自体は Sophos Anti Virus が原因で設定変更により解決した。けれどこれまで利用していた WR8700N も古びていて最新の WiFi 規格に対応していないのと、前から Mac の Time Machine 機能が気になっていたので AirMac Time Capsule – 2TB を注文。

ISP の問題

AirMac が届いたのは先週なのだけど、セットアップしようとしたら ISP の契約書に書かれた user/pass が通らずネットに繋げなかった。現行の WR8700N は問題ないのになぜ?ということでサポート窓口に問い合わせてみた。

ちなみに ISP は KDDI。DION 時代に契約して現在は au-one になっている。

この問題が起きるまですっかり忘れていたのだが 2010 年の暮れにインターネットの契約を Bフレッツのマンションコースから auひかりへ一時的に変更していた。当時のケータイが au でプロパイダとあわせると月額利用料が安くなるのと通信速度もよくなりますよ!という電話営業に触発された。

しかし auひかりはホーム ゲートウェイのために専用ルーターを必要とする点がイマイチだった。速度に不満はなかったけど好みのルーターと組み合わせるとハードウェアが増えてしまう。これがどうにも受け入れがたく 2011 年 1 月に Bフレッツへ戻した。

この時 ISP の契約変更が発生し、user/pass も切り替わっていたらしい。しかし auひかりの前に WR8700N へ設定していた旧 user/pass は有効だったので、そういうものだと理解してそのまま使っていた。

しかしサポート窓口によると古い設定で利用できているのはたまたまで、本来は auひかりから Bフレッツに戻した時点で新しい設定でしか繋げないはずとのこと。古い設定で繋げているのは au の管理側で残っているだけであり、メンテナンスなどでいつクリアされてもおかしくない。つまり危険な状態らしい。

しかしいくら探しても契約変更時に発行されたであろう紙が見つからない。仕方ないので改めて送付を依頼。届いたのはこの間の土曜だった。

セットアップ

これまで利用していた WR8700N の設定はブラウザからおこなっていた。接続が確立すると htto://192.168.0.1/ にアクセス可能となり、Web ベースの設定画面が提供される。

一方、AirMac は AirMac ユーティリティという専用アプリが必要となる。いちおう Mac だけでなく Windows 版も用意されているけど、これはアプリではなく WR8700N のように Web 版のほうが汎用的でよいと思う。

AirMac ユーティリティ

Web 版であれば画面中のテキストを容易にコピーできるので問題があったときにググりやすいのだが、なにかアプリにしなければならない理由でもあるのだろうか?

セットアップ自体は特に詰まるところもない。再発行してもらった ISP の user/pass と DNS サーバーの設定を入力し、順調に完了。

ハードウェア

Apple 公式の AirMac Time Capsule と寸分違わず実物も美しい。LAN ケーブルを繋ぐ背面にすらテキストがないのには感心させられた。表面は滑らかで光沢がある。外装はプラスチック製と思われるが質感は高く、まるで陶器のようだ。インテリアとしても好ましい。

一方、ホコリが付着しやすく周囲が映り込むのが難点。マメに部屋掃除していないとみすぼらしくなりそう。静電気を除去するクロスやスプレーを用意したほうがよい。

私が購入したのは AirMac Time Capsule なので HDD が組み込まれており、けっこう重い。Apple 公式の仕様をみると 1.48Kg あるそうだ。ルーターはさほど移動するものではなく、どちらかといえば安定配置したいものだから重さはむしろ利点かもしれない。ちなみに HDD なしのほうだと 945g である。

ソフトウェア

セットアップの項でも書いたとおり、設定などのメンテナスは AirMac ユーティリティという専用アプリでおこなう。

これまで利用していた WR8700N は設定項目が非常に細かく通信や WiFi 規格に詳しくないと難しい感じだったが、AirMac はかなり分かりやすい。必要最小限の設定しか表示されないので迷うことはないだろう。というより、WR8700N に比べて設定をいじる余地が少ないともいえるのだが。

私は通信機器に苦手意識がある。すこしでも設定を間違うとネットワーク接続がおこなえなくなり対策を調べるためググることさえできず辛い。概念や専門用語もわかりにくいので設定変更はかなり緊張する。技術者としてどうかと思うけど、やはり難しいものは難しいのだ。

というわけで WR8700N の設定画面は厳しいと思っていたのだけど、AirMac ユーティリティは簡単でありがたい。

難点があるとすれば、設定変更やファームウェア更新後のアップデート後 AirMac を見つけるのに時間がかかることぐらいか。あまりに長い場合は Mac のメニューバーから WiFi を切にしてから入にしている。これがよいかは不明だが、こうするとすぐに AirMac ユーティリティ上でも接続される。

Time Machine

今回 2TB のモデルを購入したのだけど、私の環境で初回バックアップをとったら 127GB であった。今後どれぐらい増加してゆくのか不明だが 2TB を使い果たすのは相当先だと思われる。Twitter でいただいたアドバイスによると容量が尽きるまえにうまいことやりくりしてくれるらしい。

私はずっとノート PC 派なこともあり、音楽や画像など容量の大きいデータは外付け HDD に保存してきた。そのうえ製品も数年間隔で買い替えているためデータ消失するような故障に遭遇したことはない。

よってバックアップ機能にそれほど魅力は感じていなかったのだけど Time Machine は非常に細かい単位でリストア可能な点に興味をもった。日時はもとよりファイル単位で復元できたりする。まるで Git や SVN のリポジトリみたいだ。

設定が簡単な点もよい。バックアップといえば対象やスケジュール、保存先をウィザード形式で細かく問い合わせられるという印象だが Time Machin は単に設定を ON にするだけ。Time Capsule が利用可能なら保存先として自動的に選択される。

バックアップ対象はデフォルトでシステムボリューム全体となりスケジュールも変更できない。これを不満と感じる人もいそうだけど、私はこの仕様を評価する。大多数のユーザーにとって保存すべき対象や間隔を適切に決めるのは難しいだろう。ならば多くの設定を提供するより、凡庸でもバランスよい単一のプリセットを用意するほうが迷わずに済む。

ちなみにデフォルトの保存間隔は以下のようになっているのだが、私としてはこれ以上バランスのよい設定は思い浮かばない。

  • ローカルスナップショット(領域に余裕がある場合)
  • 過去 24 時間の 1 時間ごとのバックアップ
  • 過去 1 カ月の 1 日ごとのバックアップ
  • 過去のすべての月の 1 週間ごとのバックアップ

と褒めまくっているのだが難点もある。

私は XtraFinder というファイラーを愛用しているのだけど、Time Machine はこれと相性が悪い。Time Machine に入ってから戻ると、XtraFinder のタブ部分が抜けて壊れたウィンドウが表示される。

Time Machine から戻ったときの XtraFinder

この状態になるとタブ部分のウィンドウと壊れたものが同時に存在することになる。復旧するにはタブを持つ側からウィンドウを閉じ、開き直せばよい。

この現象はおそらく XtraFinder のタブやツールバーの実装方法に起因する問題だと予想しているのだが、地味にストレスである。OS X Mavericks から標準の Finder にもタブがついたので XtraFinder をやめようとも考えたけど、このアプリはタブ以外にもカット & ペーストやパスのコピーなど便利な機能が盛りだくさんなので諦めきれない。

直すとしたら XtraFinder 側になるのだろう。しかしそれは難しそうだ。