WP-ImaGeoMap

2009年12月7日 0

このソフトウェアは、画像と Google Map を記事に貼り付ける為の WordPress 用プラグインです。

目次

以下は WP-ImaGeoMap の説明書と動作デモのページへのリンクです。別ウィンドウで開きます。

特徴

Web 上にアップロードした画像と Google Map を組み合わせた情報を、WordPress の記事やページに貼り付けられます。記事に貼り付けた場合は、以下のスクリーンショットのようになります。

マップ表示

マップ表示

マップの下側には画像情報が表示されます。マップからマーカーを選択すると、画像情報が切り替わります。i と書かれたアイコンをクリックすると、画像の詳細情報が表示されます。

表示するマップは専用のエディタで設定します。エディタは WordPress の投稿またはページ編集画面のメディアボタンから起動します。以下はエディタのスクリーンショットです。

編集画面

編集画面

ダウンロード

以下の表中のリンクからファイルをダウンロードできます。

日付 バージョン ファイル サイズ
2013/9/18 1.2.1 wp-imageomap-1.2.1.zip 739KB
2013/9/15 1.2.0 wp-imageomap-1.2.0.zip 739KB
2010/2/28 1.1.0 wp-imageomap-1.1.0.zip 207KB
2009/12/21 1.0.2 wp-imageomap-1.0.2.zip 213KB
2009/12/17 1.0.1 wp-imageomap-1.0.1.zip 207KB
2009/12/07 1.0 wp-imageomap-1.0.zip 207KB

動作環境

  • PHP 5.0 以上
  • WordPress 3.0 以上
  • WordPress の文字エンコード設定が UTF-8 である事

これらを満たした上で、以下のブラウザで動作確認を行いました。

ブラウザ バージョン OS 備考
IE 10 Windows 8 表示フォントはメイリオ、文字のサイズは「大」。
Firefox 23.0.1 Mac OS X Mountain Lion Retina ディスプレイにて確認
Google Chrome 29.0.1547.65 Mac OS X Mountain Lion
Safari 6.0.5 Mac OS X Mountain Lion

更新履歴

このソフトウェアの更新履歴です。

  • 2013/9/18 : ver.1.2.1 公開
    • WP-ImaGeoMap のショートコードが存在しないページで発生していたスクリプトエラーを修正
  • 2013/9/15 : ver.1.2.0 公開
    • JavaScript 実行時に発生していたエラーを修正
    • マーカーが表示されない問題を修正
    • 標高の取得を USGS から Google Elevation API に変更
    • 画像の詳細情報 UI をポップアップから折りたたみ式に変更
    • UI パーツ画像を Retina ディスプレイへ対応
    • 設定画面を廃止(既定以外の表示サイズにする場合はショートコードに指定してください)
  • 2010/2/28 : ver.1.1.0 公開
    • マーカー間にラインを引く機能を追加しました
    • JavaScript が無効の場合、余計なマップ領域を表示しないようにしました
    • マップ生成をページ読み込みが完了してから行うようにしました
  • 2009/12/21 : ver.1.0.2 公開
    • 生成されたショートコード内の JavaScript のプロパティ名をシングルクォーテーションで囲むのを止めました
      • ページ出力時に一部分だけが数値文字参照となり、スクリプトエラーになる事がある為
      • 既にショートコードを利用している場合は、お手数ですが、再設定を行うか、「’name’:”test.jpg”」や「’latitude’:100m」のようになっている部分を「name:”test.jpg”」や「latitude:100m」のように修正してください
    • 出力されたページに埋め込む JavaScript のプロパティ名をシングルクォーテーションで囲むのを止めました
  • 2009/12/17 : ver.1.0.1 公開
    • Google Map API のメソッド get_center が getCenter に変更されたので JavaScript を更新しました
  • 2009/12/07 : ver.1.0 公開

インストール方法

  1. プラグインの zip ファイルをダウンロードして保存します
  2. WordPress の管理画面を開きます
  3. 左のメニューから「プラグイン」部分から「新規追加」を選択してください
  4. 「プラグインのインストール」画面上部のメニューから「アップロード」を選択してください
  5. 表示された画面からプラグインの zip ファイルをアップロードする事でインストールが実行されます
  6. プラグインの管理画面から WP-ImaGeoMap を有効にしてください

アップグレード方法

最新バージョンへ更新する場合は、以下の手順でアップグレードしてください。

  • プラグインの管理画面から WP-ImaGeoMap を削除します
  • 新規インストールの手順を実行します

免責事項

  • 本ソフトウェアを使用した事による、いかなる損害も作者は一切の責任を負いませんので、自己の責任の上でご使用下さい
  • 本ソフトウェアのライセンスは GPL となります
  • 本ソフトウェアでは写真の EXIF 情報取得に PEL を使用しています
  • 本ソフトウェアでは標高情報の取得に Google Elevation API を使用しています
  • Google Map は Google Inc. の登録商標です
  • 本ソフトウェアでは Google Maps API V3 を利用しています

本ソフトウェアでは以下のライブラリやサービスを利用しています。本ソフトウェアには各ライブラリの配布イメージを同梱していますが、これらは本ソフトウェアで利用する為のものなので、再配布は行わないでください。

Google Maps API
The Google Maps API V3
Google Elevation API
Google Elevation API
PEL
PEL: PHP Exif Library

ライブラリやサービスの利用方法に問題などがありましたら、このページへコメントとしてご指摘いただけると助かります。

将来的な展望

プラグインの追加機能や改善点として考えているアイディアのメモです。これは実装を保証するものではありませんので、ご注意ください。

  • マーカーの日時ソート
    • 日時の新旧でマーカーの順番を決定する
    • 日時を任意入力にしている関係で、現在は実装していない
  • マーカーにもサムネイル画像を表示する
    • マーカーを少し大きくして、32x32px 程度のサムネイルを表示
    • 一度テストしてみたが、Google Map V3 の OverlayView で試したら非常に重かったので保留にしている
  • マーカー間を線で結ぶ
    ver.1.1.0 にて実装

    • 映画「インディ・ジョーンズ」に出てくる地図のような感じで
    • 線で結ぶ事で、マーカーの順序を表現できる

  • JavaScript が無効になっている場合やエラー時には、マップ用の領域などを取らないようにする
    ver.1.1.0 にて実装

ご要望・不具合報告

このプラグインに関するご要望・不具合報告は、このページのコメントとして追加していただけると助かります。


REPLY

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です