アカベコマイリ

HEAR NOTHING SEE NOTHING SAY NOTHING

SyntaxHighlighter Evoled のフォント指定

このブログではソース コードのハイライト表示に SyntaxHighlighter Evoled というプラグインを使用している。

当初 Syntax Highlighter for WordPress の完成度が高いので導入を検討していた。しかしコード折り返などで Evoled の方が気に入り、こちらにした。WordPress 公式リポジトリから入手できることも決め手となった。

Evoled の難点はフォント サイズが固定な事である。プラグインの実装を調べたところ syntaxhighlighter.php における以下の箇所がフォントを決めているようだ。ちなみに Evoled のバージョンは 2.2.2。

function frontend_styling() {
    echo ' <style type="text/css">.syntaxhighlighter { font-size: 12px !important; }</style>' . "\n";
}

サイズ指定が固定なので以下のように相対へ修正。

function frontend_styling() {
    echo ' <style type="text/css">.syntaxhighlighter { font-size: 90% !important; }</style>' . "\n";
}

本文と同様に 100% を指定したら大きすぎたので、個人的な許容範囲である 90% にしておいた。