アカベコマイリ

HEAR NOTHING SEE NOTHING SAY NOTHING

Sublime Text で Cobalt2 と Flatland を組み合わせる

Sublime Text でも Atom みたいにサイドバーでファイル種別ごとのアイコンを表示したいと思っていたら Cobalt2 というテーマで実現されていた。GitGutter にも対応していたりして多機能である。

しかしエディタ部分の配色は長らく愛用していた Flatland のほうが好み。ならば組み合わせて利用しよう。さいわい Sublime Text の外観は UI 部分の theme とエディタ配色の color_scheme を個別に設定できる。

Package Control から Cobalt2 と Flatland をインストールした状態で Preferences の Settings - User に以下の設定を定義すると...

{
    /* ...中略... */
    "color_scheme": "Packages/User/Flatland Dark (SL).tmTheme",
    "theme": "Cobalt2.sublime-theme"
}

こんな感じの外観になる。なかなかいい感じ。

Cobalt2 と Flatland の組み合わせ

あと Sublime Text 3 で追加されたエディタ上部のタブ端に表示されるスクロール用の矢印が邪魔だと思っていたのだけど、これは enabletabscrolling を false にすることで無効化できた。今回のテーマ & 配色とあわせればかなりスッキリした外観になる。

Copyright © 2009 - 2020 akabeko.me All Rights Reserved.